レビトラジェネリックを実際に購入するにはどういう手段がある?

レビトラジェネリックについて

経済的な理由からジェネリックを使用したいけど本当に同じなのだろうか、と不安の声が上がります。近年では技術の発展と共に、様々な薬のジェネリックを目にすることや耳にしたりします。今回は、勃起不全(ED)の苦しみを解消してくれる薬の一部を、ご説明いたします。

そもそも、ジェネリックとは?
テレビやCM、雑誌などで聞くジェネリックは英語で「一般的な」という意味があり、欧米ではブランド名ではなく、一般名として使用することが多いため世界共通の名前として呼ばれています。先発薬と有効成分の種類、用量用法、効果等が共通していなくてはなりません。これらを厳しくチェックし、安全性、品質、同じ効き目が確認されていることでジェネリック医薬品、つまり後発薬として発売することが出来ます。また、先発薬よりも開発費が抑えられているため、お手頃な価格に設定することが出来ます。しかし、先発薬の特許の有効期限が切れるまでは通常ジェネリックの製造販売は出来ません。

インドでは認められている
医薬品の特許について日本や欧米と考え方が違うインドは、同じ成分を含んでいれば作り方が異なっていれば正式に製造が可能なのです。そのため、レビトラジェネリックであるバリフ、サビトラ、ジェビトラなどはインドの製薬会社が作り販売しています。レビトラが含有する成分バルデナフィルを持っており、勃起を促す働きがあります。ED治療薬で有名なバイアグラよりも、即効性と効き目時間が長いうえに、食事に左右されることはありません。人気を博している理由は、男性からの高い評価を得続けていることにあります。

日本にいながら購入できる
先発薬はまだ特許の期限切れを迎えていませんので、日本国内で入手するのは厳しい状況です。だが、ネットの存在が大きくなっている現代社会では、わざわざ国外に出なくても購入できる方法があります。個人輸入をしている通販サイトを活用することで、恥ずかしくて誰にもいえないデリケートな部分を周囲に気づかれずにすむ利点や、病院で薬代に診察料が加算される心配もありません。


事前に医師に相談し処方してもらい、それと同じものをこれからは通販でという形を取ることも可能です。また、費用の面から考えレビトラジェネリックに乗り換える男性も増えています。ご自信にあった方法を探し活用しながら、ED改善を目指していけます。